リサイクルトナー

現在のプリンターやコピー機は、本体は格安で手に入るものの、ランニングコストが増大しやすく、使えば使うほどコストがかさんでしまう傾向にあります。
携帯電話と同じビジネスモデルとなっていると考えると、簡単に理解することができるでしょう。
本体は格安で販売し、その後使ってもらうことで利益を生み出すようになっており、消耗品が高額になるように設定してあるのです。
しかし、ビジネスで活用することを考えると、使えば使うだけお金がかかるようになっている仕組みは、どんどん圧迫されていくことになりますので、どこかで改善を考えなければいけないでしょう。
そこで、利用者が多いのが、リサイクルトナーなのです。

レーザープリンターやコピー機、Faxなどで使われるリサイクルトナーも、純正品はかなり高額になっています。
1度交換すると、次の時はどうしようかと悩んでしまうほどで、できるだけコストを抑えておきたいのが当然です。
リサイクルトナーの場合には、機種によっては純正の価格の90%Offにすることができるものまであり、ランニングコストは目に見えるほど抑えることができます。
ですが、純正でないという以上、どこかでトラブルが起きてしまう可能性も否定することはできません。
それでも、ここまでのコストダウンを図ることができるのであれば、十分にリスクを軽減することができているはずです。

リサイクルトナーも品質が上がり、トラブルも驚くほど少なく、不良率も純正品よりわずかに高いだけになってきました。
それでも、トラブルは起きる可能性がありますので、解決方法を知っておくことが大切なのです。

Copyright © 2014 リサイクルトナーのトラブルを解決! All Rights Reserved.